白雛人形

19,800円(税1,800円)

伝統を、贈る

古くから老若男女、すべての人に愛されてきた人形。

「真多呂人形」では、およそ260年前に京都で生み出された「木目込み」の技を継ぎ、
人形を作り続けています。

人形は、職人たちの分業によってすべて手作業で作られています。
その工程は10以上。身体を作る職人、木目込みをする職人、細かなパーツを作る職人と様々です。

滑らかで独特な表面は、桐粉(とうそ) で型を取った身体の形状の上から胡粉と呼ばれる貝を砕いた顔料を、
目が粗い桐粉にすり込むようにして塗り込み作られます。

一つの人形を作るために、それぞれの工程のスペシャリストが携わっているのです。

今回、こりしょうでは真多呂人形とともに、白雛人形を製作しました。


雛人形は着物を自由に塗ることができるので、日本の豊かな四季を表現した伝統的な色合わせを参考にするもよし、
自分の好きな色を組み合わせるもよし、自由な発想でお楽しみいただけます。